PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

-死んじゃった…-

310.jpg
今日の夕方6時ごろ、亡くなってしまいました。
曜日の関係で保健所はやってないのでロクの体はまだ居間にあるのですが、まるで生きてるみたいです。
実はよく見たらお腹動いてるんじゃないかと思う。
でももう呼吸してないんですよね。


うちの父が秋田犬の展覧会が趣味だった人(今はもう趣味でない)で今まで指の数ではおさまらない秋田犬と暮らしてきましたが、その中でも圧倒的に聡く、最も愛玩犬として向いていると言われた彼。
ここのところの衰えで家族でも寝たきり介護生活も覚悟していたのですが何のことは無く、最後まで誰にも迷惑かけずに逝ってしまいました。
たまたま私は今日は仕事が無くフリーで、弟はバイトが早上がり、そんな日の夕方の5時ごろから苦しみだしました。
朝は全く普通だったのに。
容態の急変に気付いて弟が両親に電話、両親は丁度仕事から帰ってきている道の途中で、5時半ごろ家に帰ってくる。
その間私はロクの横について体をさすっていたのですが、苦しそうでした。
前回は呼吸しづらそう、という症状だったのですが、どうも今回はそうではなく痛みに耐えている、苦しんでいる感じ。
両親が帰ってきた時点では痛みのためか、呻き声を上げて自力では立てない様子でしたがまだ顔を上げることはできていた。
でもさあ病院へ、という段階で自力で立てないので担架代わりのブルーシートに体を移したその時、ぐう、と悲鳴を上げて意識を失ってしまいました。
ブルーシートをやめて弟がそのまま抱き上げて車まで運んだのですが、もうその時点で完全に体が弛緩している状態。
瞳孔は開いているし、歯茎は真っ白…。かろうじて息をしている状態でした。


私と父は家に居残りで弟と母が病院へ。
でもものの数分で家に電話が。


「事故で渋滞になっているらしく全く車が動かない。ロクはもう息をしていない。」


よりによってこんな時に事故!とかああ、やっぱり、とか色んな思いが渦巻きました。
父はそれを聞いて「もう病院に行かなくていいから戻って来い」と一言。


家に帰ってくると弟も母もすごく泣いていて目が真っ赤。
最期を看取ったのは弟でした。


後部ドアを開けると、最初と同じように横たわっているロク
実はまだかすかに息があるんじゃないか、と思って鼻先に耳をあてて聴きましたがやっぱりもう駄目でした。


家族全員揃ってから逝くなんて、なんて律儀なヤツだろう。
ありがとう、ロク!あんたはすごくいい犬であり、男であり、家族だった。
出来の悪い姉ですまない。
来世があるならまたこっちにこい。


309.jpg
上にも言っていますが、うちの父は展覧会(簡単に言えばドッグショーです)が趣味だった人で、今まで一緒に生活していた犬は両手の指の数より多かったりするのですが、実は犬の最期を看取るのは私は初めてです。
展覧会目的で犬を飼っている人にはそれが普通なんだとは思います。(でも実際どうなのかは私は知らない)


命の価値はもちろん体の大きさで決まるわけではないのですが、でもやっぱりこんなに大きな犬がもう居ないということに、とてもとても大きな喪失感を感じます。
もうモフれないんだ。


311.jpg
2年位前の写真かな…
若いねえw

| その他の生き物 | 20:46 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 秋田犬  ロク  お別れ 
関連記事

COMMENT

こんばんは、banzaiさん。

まずはロク君のご冥福をお祈りします。

ロク君は家族に看取られて天国に逝ったんですね。

動画でもニコニコ笑ってたし、家族に愛されていたのが
伝わってきます。

犬は表情が豊かで、感情が伝わってくるのでいなくなると
寂しいですね。

ロク君は幸せだったと思いますよ。
悲しみすぎて体調を崩さないように気を付けてくださいね。

| pyxi_frog | 2009/09/05 23:22 | URL |

お久しぶりです、こんばんは。

お心遣い感謝します…。毎度毎度pyxi_frogさんには慰めていただいてばかりな気がします。
本当にありがとうございます。

そうなのです、家族に看取られるようこの日を選んだかのように逝ってしまいました。
私なんかは特に仕事のある日は夜の9時ごろまで家にいないもので、この日に家に居たのが偶然だけとは思えないのです。

動画を撮ったあの日は本当に劇的に回復しまして、まさかこんなにすぐに逝ってしまうとは思いませんでした。
今も少し信じられません。
昨日もいつになく元気に尻尾を振って散歩に出かけていたので…。
でも今思えば昨日が不自然なくらい元気だったので、もしかしたらロク本人が何か感じていたのかもしれません。

今日この日、朝から家に居たのが私だけだったのですが、ロクはサインを出していたかもしれないのに私が気付いていなかったんじゃ、とそれだけが心残りです。
でも今となってはそれは分からないんですよね・・・。

ロク、幸せだと思ってくれていれば嬉しいです。
そうであって欲しい。

温かいお言葉本当にありがとうございます。

| banzai | 2009/09/06 01:03 | URL | ≫ EDIT

久しぶりに訪問したら、更新してあって、その内容を読ませて頂きました。
悲しい出来事があったのですね。
わたしは犬を飼育したことがないのですが、この犬の表情の
温かさというか、優しさが私にも伝わります。
家族の一員として、同じ屋根の下で過ごした日々。

犬の生活って不思議(わたしは普段はあまり近寄らない)だけど、一度だけでも生前のロクに会いたかったです。^v^

良い思い出と共に優しい家族の愛情に包まれて、
安らかに眠ってください。

| Godspeed | 2009/09/09 23:37 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです、Godspeedさん。
本当は良い出来事なんかもあったりしたのですが、記事にしようとした矢先に立て続けに色々起ってしまいました。

有体な言葉ですが、そこに居るのが当たり前だと思っていたのです。今でもまだ信じられない自分が居ます。
ロクは良い犬でした。前半の人生(犬?)は展覧会のために日本全国連れまわされ辛かったこともあろうに、いつでも期待に満ちた目で飼い主を見つめてくれていました。
後半は後半で私たち一家を取り巻く環境が変わり、ほとんど外に連れ出せず狭い世界に居続けることになりましたが、いつでも家に帰ってくる私たちを迎えてくれたものです。

Godspeedさんにも是非会っていただきたかったですよ。
以前、犬の何に対しても不躾なくらいに興味を持つ態度が嫌だ、と仰られてたように記憶していますが(記憶違いだったらごめんなさい)ロクは最初匂いを少々嗅ぐもののそれだけですw
後はじっと横に付き添ってるだけなので…w

| banzai | 2009/09/12 01:02 | URL | ≫ EDIT

おはようございます.ロクは亡くなったんですね.遺体の写真とご家族様の嘆きを見ると,昔飼っていた犬(パグ)のことを思い出してしまいました.彼も私が看取ったような,そういう感じでした.でも,大型犬だから圧倒的な存在感が亡くなることはなんとも切ないものですね.展覧会出陳をしているような秋田だったのですね.老犬といえど,最近の秋田よりあきらかに格好良い.ロクの存在感には負けますが,Banzaiさん用に来年の春にハナダイモリ繁殖させるよう準備に入りましたよ.

| cypri | 2009/09/21 07:50 | URL |

こんばんは、cypriさん。コメントありがとうございます。
そうなんです。うちのロク、亡くなってしまいました。
まさか今年亡くなってしまうとは・・・。最近衰えてきてたので「あと2~3年だねー」と家族で会話してたもので・・・。
どんなペットでも死んでしまうと悲しいのですが、犬が死ぬのは本当に家族全体の悲しみなので辛いですね・・・。
最近の秋田犬の系統は、なんか独特の方向性になってしまってますよね。ストップのかかりがキツすぎるというか。体格はどっしりしていていいんですが。
ロクが現役だった頃は体格は西、気性は東だったんですが、丁度ロクと同世代の某名誉賞受賞犬が気性良しの体格良しだったもので、その犬の血の入った今の系統が台頭しましたね。 (でも顔が秋田らしくない><;)

ハナダイモリ!
もうこれから繁殖の準備に入られるのですね!
良い結果になるのを祈ってます^^*

| banzai | 2009/09/22 00:19 | URL | ≫ EDIT

Font & Icon:
非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalism72.blog7.fc2.com/tb.php/91-441818cf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

<< 05 | 2017/06 | 07 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -