PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

-ミクロラスボラ・ハナビ-

先日写真を掲載できなかった面々を載せます。
ヒレの赤い子
やっぱりシャイで、なかなか表に出てこないヒレの赤い子。

247.jpg
なんとかピント合いました!
ミクロラスボラ・ハナビ。派手なのでオスと思われます。

248.jpg
こちらメスのほう。でも綺麗です。

249.jpg
セットで。
向かって左がオス、右がメス。
ところでこのミクロラスボラ・ハナビ、生息地では乱獲のため個体数がかなり減っているらしいです。
2006年に発見されて、2007年にやっと学名が付いた、かなり新しい種類だそうな。
発見と同時に乱獲で個体数激減だなんて・・・人間のエゴに巻き込まれてしまった悲劇の種というわけですね。
知らなかった・・・orz
私も種の絶滅カウントダウンにひとつ加担してしまったわけですね・・・。
最近は熱帯魚は東南アジアのブリードモノが流通してる事が多いようですが、この子達がWCなのかCBなのかは分からない。
どっちにしろ、3尾じゃ寂しいなぁなんて思ってたけど増やすのはやめよう・・・。
参考:ミクロラスボラ・ハナビの哀しみ(※2007年3月の記事のようなので、現状どうなっているのかは不明です。養殖個体も出回り始めてるのだとか。)

違う!
頑張って撮影してるところに何度も邪魔しに来た方。
この方と黄色い方のグラミー(ビンの子)はかなり人馴れしてます。

ベタという魚、かなり好きなんですが、唯一の悲しいところは寿命が短い事。
もちろんグラミーやラスボラも短いのですが、ベタって、金魚的なペットっぽい雰囲気が濃いのに短い。
なんだか理不尽。それでも彼を連れ帰って来てしまったのはやっぱり好きだから・・・。
(ちなみに金魚は長寿。普通の水槽飼いで40年以上生きているなんてギネス記録も。)

| 観賞魚 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

[タグ未指定]
関連記事

COMMENT

Font & Icon:
非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalism72.blog7.fc2.com/tb.php/77-9e5af42b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

<< 05 | 2017/06 | 07 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -