PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

-お魚-

全景?
このブログにやって来られる数少ない方々にとって、全く需要の無いであろうお魚の記事。
コイ科の生き物の図太さに癒される毎日です…。


魚の写真撮るの難しすぎわろた。
いつにも増して酷い写真ですみません。
魚を綺麗に撮るコツってなんなんでしょね。
puntius rohani
puntius rohaniちゃん。うちではロハーニと呼んでます。
何にも動じない屈強な精神で素晴らしいです。
性格は荒くは無い。他の魚攻撃しないですし。でも図太い。
アノストムスに何されようが全く動じません。ある意味アノストムスと相性いいかもw

Anostomus ternetzi
(尾鰭の方だけど)ピントの合っている奇跡の一枚。
Anostomus ternetziことブラックライン・アノストムス。
うちの水槽のボスです。とにかく他の魚を追い掛け回す。中層を泳ぐ魚は親の仇らしい。
でも何故かアンジェリカス・ボティアやファイヤースパイニーイール、フラッグテール・ポートホールなど底モノ系のひとたちはガン無視。
なんなの、差別反対です。(中層魚の気持ちを代弁)
「混泳は基本的に無理」と書かれていることが多いですが、うちでは底モノ系のひとたちとは全くOKです。
中層のも図太い奴ならいける気がする。
口が上向きについてるのですが、底にある餌も器用に体を傾けて咥えてもふもふする姿が面白いです。

Hemiodopsis gracilis
Hemiodopsis gracilisことレッドテール・ヘミオダス。
お店で3匹だけ売れ残ってて、どれも口吻ぶつけて潰れててなんか同情で持って帰って来てしまった。
でも案の定1匹は間もなく死んで、もう一匹もじわじわ痩せてきてます。口が変形してるからたぶん食べれてない。
写真のコイツは比較的潰れ方がマシなので、たぶん大丈夫。今のところ痩せてないので。

Mastacembelus erythrotaenia
Mastacembelus erythrotaeniaことファイヤースパイニーイール。
アノストムスの寵愛を授かる奴その1。
こいつのためだけにせっせと冷凍赤虫をやり続ける毎日。
なかなかこちらも図太く、人の姿を見れば水面近くで踊り狂うので面白いw
大きくなったらどうしようかなぁなんて少し悩みますが、大きくなったらその時考えます。たぶんまだまだ先のことw
まだ15cmくらいのちびっ子です。

Puntius conchonius
このあたりから写真のクオリティが一段と低くなります…。たぶんなんかカメラ設定を間違ってたっぽい。(しかしゴリ押し)
ロージーバルブの赤味を上げたタイプ、通称ファイヤーバルブ。(Puntius conchonius var.
大きくならない小赤(笑)丈夫で綺麗でいい魚です。
ファイヤーバルブが2匹と、ロングフィンのロージーバルブが1匹います。
(ロングフィンは撮れなくて諦めました)

Dianema urostriatum
Dianema urostriatumことフラッグテール・ポートホール・キャット。
キャットとつけど、ザ・ナマズというよりかはコリドラスの親戚らしいですよ。
なんかいつもこのコーナー部分でぼーっとしてます。
よく瞬きするのですが、あれなんなんでしょうね。(瞬きするように一瞬目をクリっと下方に動かす)
餌を投入するとどんくさいながら食べに来ます。
アノストムスの寵愛を授かる奴その2。
でも時々アンジェリカス・ボティアにいぢめられてるw
ガラスに映って2匹いるように見えますが、1匹だけです。

Botia kubotai
Botia kubotaniことアンジェリカス・ボティア。
写真酷すぎwwwパキスタンローチみたいに見えますねwww
個人的に大好きなボティアです。活発ですし綺麗だし。クラウンローチよりかは全然活発な印象です。
アノストムスの寵愛を授かる奴その3。授かるのをいいことに結構好き勝手やってくれてます。
3匹います。

Inlecypris auropurpurea
いちばん酷い写真wwwやめたげてよぉ!
Inlecypris auropurpureaことインレキプリス。
このメンツの中ではどうあがいても地味ポジに落ち着いてしまう。
なんだかんだで動きが速いので、こちらもアノストムスの攻撃はどこ吹く風状態。
地味は地味なりに頑張って生きてます。


そんな感じで低レベルな写真を添えつつ、60cm水槽のメンツ紹介でした。

| 観賞魚 | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : 60cm水槽  お迎え生体紹介 
関連記事

COMMENT

Font & Icon:
非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalism72.blog7.fc2.com/tb.php/237-61b23e15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

<< 05 | 2017/06 | 07 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -