PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

-スポンサーサイト-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

[タグ未指定]

≫ EDIT

-ブラックラットスネークのもちもち-

もちもち
ブラックラットスネークのもちもち。
手に持った時の感触がもちもちしていたのと、色が白いこと(=餅)から命名。
名付け方法はどの子も結構直感です。


昔話:美人のこと

もちもちを語る上でまず話さなくてはならないのが同じブラックラットのリューシの、今は亡き美人。
メキブラのポンチョが私にとっての初ヘビなのですが、そのポンチョがうちにきてすぐにやって来た子でした。
それがブラックラットスネークの美人ちゃん。


美人には本当に可哀想な事をしました。
まずド素人がメキブラとブラックラットの2匹同時スタートというのがそもそもの不幸の元だったのだと思います。
メキブラはあのカリキンと親戚なのですから、胃腸が丈夫であげるだけ食べる。もりもり消化する。
それと同じ感覚で美人にも、もりもりゴハンをあげました。
結果吐き戻しました。
本人に食べる気があるのだからあげるべきだと考えていたのですが、テキサスラットやブラックラットって幼少期は特に消化器系が弱いみたいで、人間が量をコントロールしてあげないと簡単にキャパオーバーする。
そんなことを微塵も知りませんでした。知った時には後の祭り。完全に私の勉強不足。


本人は意気込んで食べるのに吐いてしまう。いわゆる「吐き癖」ってやつがついちゃったのだと思います。
なるべく給餌間隔を空けて頑張って(頑張ったのは美人)、なんとか吐き戻さなくなっていったのですが・・・
ようやく成長の軌道に乗れたかな・・・と思っていた07年12月初頭。うちに来て約2ヶ月。
朝ケージを覗くと、いつも通り水入れのタッパーとケージの隙間に佇んでました。


仕事から帰ってきてまたケージを覗く。
おかしい。
朝とは違う角度でタッパーとケージの隙間にいたのですが、口がだらしなく開いてる。
その時にはもう亡くなっていました。


持ち上げると、だらんと垂れ下がったまま、口と排泄口から液体が垂れてる。
変わり果てた姿がショックでした。
食べてたし回復してると思ってたのに、朝は全然変じゃなかったのに、とか思ってたんですが、今から思えば多分彼女なりにシグナルは出していたのだと思います。私が気付かなかっただけで。


その後、しばらくはポンチョ1匹と過ごしていました。


・・・というわけでもなく、年が明けて2月。
やっぱり根本的に白いヘビというものに憧れがあって、もちもちがうちにやってきたのでした。
うちに来たころのもちもち
まだピンク色!


美人のことがあったのでちょっとでもストレスを与えると吐くんじゃないかとビビリまくり。
ほとんど触らずまさに観賞オンリーの育て方と相成っていました。


結果。


ケージに手を入れると尻尾ビチビチ、超怒りっぽい子となりました。
そして美人と違い食欲がなんとも微妙><。
食べるんです。食べるのですが・・・。ものすごくムラがある。


グルンッ☆
ものすごく巻きついてこれでもかという食欲を見せるときもあれば、全く無視、果ては死んだネズミに威嚇するというやる気ゼロな時もあったり。


最近は大きくなって落ち着いてきたのか、ほとんど怒らなくなりました。
大きさはこんなもん
手に持ってみるとこんな感じの大きさ。ずいぶん成長しました。


ニラミ
でも健康なのは何より。地道に大きくなってねー。


私にはリューシのテキサスラットとブラックラットの違いを見分けるだけの技術はありません!

| ブラックラット | 01:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

[タグ未指定]
関連記事

COMMENT

遅くなりましたが、私もリンク完了しました! (-ω-;A
banzaiさんは早速してくださったのに、すみません (汗

美人ちゃん、名前のとおりの美ヘビさんで、
とても可愛かったです。
いなくなったのはつらいけれど、もちもちちゃんに繋げていけて、
良い経験になったのでは・・と思います。
私も、マレハコの謝謝のおかげで、拒食の大変さ、対処の仕方など、
色々学ばせてもらいました^^;

それにしても、もちもちちゃんも美白でお綺麗だぁー!
1枚目とか、本当にもちもちしていそうですね (苦笑
触ってみたいww

| あやか | 2008/09/27 17:43 | URL | ≫ EDIT

リンクありがとうございますー^^*

美人のことは本当に悔しいです。
あの子は常に食べる気マンマンで性格も大人しかったし、本当にいい子だったと思います。
私が無知なばかりに・・・i||iorzi||iズーン
でも本当にあの子には色んなことを教わりましたし、悔しかったですがそれでも「やっぱり蛇好きだ・・・。」と思わせてくれました。
あやかさんにとっても謝謝ちゃんはまさにそんな存在だったのだろうと思います。
もじもじも元野生だったので最初は全く人工飼料に反応せず、あれやこれやと奮闘しました・・・。

もちもち綺麗でしょう!(親バカですよ!
ムラ食いの困ったチャンですが、手のかかる子ほど可愛いというヤツですよ・・・

触り心地は・・・最近はスベスベになってきましたよ~w

| banzai | 2008/09/28 02:46 | URL | ≫ EDIT

Font & Icon:
非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalism72.blog7.fc2.com/tb.php/22-5d151be7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

<< 09 | 2017/10 | 11 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。