PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

-スポンサーサイト-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

[タグ未指定]

≫ EDIT

-哀悼の意を表します-

千石正一先生が亡くなられたそうだ。昨日師匠に教えていただきました。
今日の朝にはニュースになってましたね。


私は動物番組はNHKの「生き物地球紀行」、民放の「どうぶつ奇想天外!」世代なので、千石先生といえばどうぶつ奇想天外のアヤシイ(笑)動物学者で、TVの向こう側の人でした。
ただ、私より少し上の世代の爬虫類狂(って言っていいのかな?)の人々にとっては“神に近い存在の人”らしく、若い頃には千石先生の講演の追っかけ(!)をしていたという人も知っています。
あのアヤシイ学者さんが、実は一部の業界の人々にとって尊敬の眼差しで見られているということを知ったのは結構驚きです。(失敬な)


千石先生の書籍だと私が持っているのはあの有名な「ヘビ大図鑑」ですが、千石先生が解説で著者の学術的な間違いを冷静に指摘して訂正しているのがかっこよかったです。ああ、学者さんだなぁと改めて実感しましたw(失礼な)


余談ですけど、アマゾンレビューでヘビ大図鑑叩かれてますが、個人的にはカラー写真豊富でカッコイイ角度で写る写真が多く、何よりおざなりにされがちな毒蛇の解説が豊富なのがポイント高いと思います。
ただしヘビが好きな人しか得できない図鑑w
動物種を一通り網羅するための「図鑑」には確かに向かないかも。




さて、話は戻りまして、そんなTVの向こうの千石先生が去年のHBM2011にて、お手伝いさせていただいてました桔梗屋さんブースにお越しになられたのです。
その辺のくだりはHBM2011の記事の中でも若干触れてますが、桔梗屋さんことK氏と千石先生がお知り合いだったからということで…。
その時、目玉の一つであるウルトラメルジャングルコーンをご覧になられて「これはなにと掛け合わせると面白いと思う?」と訊かれたのです。
何気に高度な質問過ぎてかなり答えに困りましたwww
自分の好み一直線に「ジャングル同士やコーン、キングと交配するより、いっそミルクとかけると面白いんじゃないでしょうかw」(←そんな技術ないくせに!)と答えましたが、かなりテンパりましたので即K氏を召喚しましたw


ジャングルというとコーンとキングの交雑種なわけで、学者さんからするとホビーの感覚で交雑種を作る事は本来あんまり良い顔できないことだと思うのです。
でもホビーの世界に関して千石先生は理解のある方で、学者と趣味人の架け橋になって下さった方なのだなぁと今になれば思います。


そんなこんなで「動物奇想天外見てましたデュフフ…」とかなんとかちょろちょろお話をしたのですが、それが最後の思い出になってしまいました。
HBMの時もかなりお体の方が悪そうで、TV出演されていた頃と比べるとすっかり痩せてらしたので…
にもかかわらず、HBMで爬虫類を眺めるその目は輝いてました。


どうか千石先生、この業界を見守っていてください。
千石正一先生のご逝去に、謹んで哀悼の意を表します。

| 雑記 | 15:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : ヘビ  雑記  ニュース 
関連記事

COMMENT

私も昨日のニュースでビックリしました。

私が初めて出店したぶりくらに千石先生来られていて、看板トカゲだった虎ちゃんを抱っこしてもらって記念撮影。
サインも頂きました。あの時のことを真っ先に思い出しました。

まだお若いのに本当に残念です。。。

| みう | 2012/02/09 07:03 | URL |

>>みうさん

遅ればせながら…

千石先生、本当にお若いのに残念でした。
爬虫類における周りの先輩方のお話を伺うたびに、偉大な人だったのだと感じます。

| banzai | 2012/03/20 01:14 | URL |

Font & Icon:
非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalism72.blog7.fc2.com/tb.php/213-e644816a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

<< 09 | 2017/10 | 11 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。