2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

2009年04月

≫ EDIT

-スポンサーサイト-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

[タグ未指定]

≫ EDIT

-肺炎?-

ピーベリーが呼吸器の病気になったらしく、今日病院に連れて行きました。


事の発端は、今日久しぶりにピーベリーをハンドリングして。
冬の間は寒いので基本的にケージの外に出さなかったのですが、本日非常に暖かかったので「久しぶりにお触りさせてもらおう」と思い立って引っ張り出す。
するとなんかおかしい。
基本的にうねうね動くのですが、プシュップシュッと息を噴き出すような音を出す。
さらにハンドリング中にまさかのあくび。
多分普通は人間に触られている時にあくびはしないと思うので、「これはなんか呼吸器の病気だ!」と気付きました。

≫ Read More

スポンサーサイト

| ブラ虹 | 23:32 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : ヘビ  ブラ虹  ピーベリー  動物病院  病気 

≫ EDIT

-肺炎?その2-


本当は日曜に2回目の注射をするはずだったのですが、まさかの午前診だけだったので仕事が終わった頃には診療時間はとっくに終わってました・・・orz


というわけで本日2回目の診察。
連れて行く前に様子見のため少々ハンドリングしてみました。


なんだか・・・調子良さそう??


とりあえず短い時間だったものの、ハンドリングしてる最中に開口呼吸は一切無し、プシュプシュという異音も全く出しませんでした。


んんん?こんなに急に変化が表れるもんなのでしょうか・・・。

≫ Read More

| ブラ虹 | 23:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

タグ : ヘビ  ブラ虹  ピーベリー  動物病院  病気 

≫ EDIT

-そういえば。-

30センチキューブ水槽、タンクメイトをホームセンターからスカウトしてきました。
238.jpg
念願のプラカットベタ・マスタード♂。マスタードというにはあんまり黄色出てませんけど・・・笑
241.jpg
鏡を見せると元気にフレアリングします。元気があるのは良い事です。
マスタードカラーってオスにしかいないらしいですね。知らなかった。

239.jpg
ゴールデンハニードワーフグラミー。
2尾いるのですが、一方はビンに詰められて、もう一方は普通に水槽で売られていました。
それぞれファームが違うのか、ビンの子(写真の子です)は全身黄色で黒いラインが入っていて水槽からの子は尾鰭が赤いです。
尾鰭の赤い子はまだ人馴れしていないらしくシャイです。

240.jpg
ビンの子正面顔。ぶさかわいいw

他にミクロラスボラ・ハナビが3尾いるのですが、小さすぎて全くカメラのフォーカスが合いません・・・。
1尾だけ模様が派手なので、♂1、♀2のトリオなのだと思います。

小さい魚は写真を撮るのが難しい!かなりの枚数撮って結局ギリギリ使えそうだったのはこの4枚だけでした・・・。

| その他の生き物 | 01:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

[タグ未指定]

≫ EDIT

-ミクロラスボラ・ハナビ-

先日写真を掲載できなかった面々を載せます。
ヒレの赤い子
やっぱりシャイで、なかなか表に出てこないヒレの赤い子。

247.jpg
なんとかピント合いました!
ミクロラスボラ・ハナビ。派手なのでオスと思われます。

248.jpg
こちらメスのほう。でも綺麗です。

249.jpg
セットで。
向かって左がオス、右がメス。
ところでこのミクロラスボラ・ハナビ、生息地では乱獲のため個体数がかなり減っているらしいです。
2006年に発見されて、2007年にやっと学名が付いた、かなり新しい種類だそうな。
発見と同時に乱獲で個体数激減だなんて・・・人間のエゴに巻き込まれてしまった悲劇の種というわけですね。
知らなかった・・・orz
私も種の絶滅カウントダウンにひとつ加担してしまったわけですね・・・。
最近は熱帯魚は東南アジアのブリードモノが流通してる事が多いようですが、この子達がWCなのかCBなのかは分からない。
どっちにしろ、3尾じゃ寂しいなぁなんて思ってたけど増やすのはやめよう・・・。
参考:ミクロラスボラ・ハナビの哀しみ(※2007年3月の記事のようなので、現状どうなっているのかは不明です。養殖個体も出回り始めてるのだとか。)

違う!
頑張って撮影してるところに何度も邪魔しに来た方。
この方と黄色い方のグラミー(ビンの子)はかなり人馴れしてます。

ベタという魚、かなり好きなんですが、唯一の悲しいところは寿命が短い事。
もちろんグラミーやラスボラも短いのですが、ベタって、金魚的なペットっぽい雰囲気が濃いのに短い。
なんだか理不尽。それでも彼を連れ帰って来てしまったのはやっぱり好きだから・・・。
(ちなみに金魚は長寿。普通の水槽飼いで40年以上生きているなんてギネス記録も。)

| 観賞魚 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

[タグ未指定]

≫ EDIT

-ムラ食い継承?-

245.jpg
とぐろ。

うちのブラックラットスネーク・リューシスティックのもちもちがかつてムラ食い女王だったわけですが、去年の秋ごろから餌食いが良好になり今じゃポンチョを抜かし、ピーベリーに次ぐデカさとなっています。

ところがムラ食いの連鎖は収まらず・・・
今度は彼女、アオダイショウがかなり微妙な餌食いに。
食べる確率はだいたい3割をキープorz

なに?拒食?と焦りだしたら急にふと思い出したように食べる。
そんな雰囲気が今年ぐらいから続いてます。

うちの残飯処理係りB(Aはピーベリー)のコーンスネーク、ミートはもうアダルトマウスのL(リタイア?)を飲んでます。常に食欲は絶好調。
そんなわけでグングン成長した彼女に大きさ的には追いつかれてます。
かろうじて頭部の大きさでアオダイショウの方が一年先輩だなと分かるくらい。
どーすんのよアンタ。

ちなみにやっぱり定期的に脱皮はちゃんとしてます。不全も全くなし。

| アオダイショウ | 23:55 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

<< 03 | 2009/04 | 05 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。